社員旅行にハイヤーを使う方法もおすすめ

一般的に社員旅行では、バスや電車などを使って目的地まで移動することが多いです。会社によっては現地集合のケースもありますが、社員旅行にハイヤーを使うところも徐々に増えつつあります。大人数であっても、ある程度まとまって移動できるため、統率の取りやすさがあります。また、乗り心地の良さが抜群なので、移動時間もゆったりと楽しめます。

普通の乗用車なら乗車可能な人数が4名までとなるところ、ワンボックスタイプのハイヤーなら9人は乗車することができます。公共のバスや電車を利用した場合は、同じ空間に他の乗客もいるため会話をするにも周囲に気を使ってしまいます。しかしハイヤーを利用した場合、そこに乗り合わせているのは毎日顔を合わせている同僚たちですから、気兼ねなくリラックスして移動時間を過ごすことができます。ボックスタイプは普通の乗用車タイプに比べて台数が少ない傾向があるので、旅行の日程がある程度決まったら早めに予約を入れておくことをおすすめします。日と時間が分かれば予約は可能です。

また、宿泊先まで移動するだけでなく、観光地をハイヤーで回ることもできます。予約の段階で伝えていたコースを当日変更することになっても、自由に変更することも可能です。各地での出発時間が決まっているわけではないため、乗り遅れるような心配もありません。このストレスフリーなところが、ハイヤーによる社員旅行のメリットの一つになります。

ワンボックスタイプは車内の空間が広々としているので、同僚たちとワイワイおしゃべりが楽しめるだけでなく、移動中に眠たくなったら仮眠をとれます。もちろん、ドライバーの運転技術は確かですから、安心したドライブを楽しめます。

また、社員旅行だけでなく個人的にハイヤーを使って旅行を楽しむことも可能です。タクシー会社によっては旅行会社のように観光できるコースを用意しているところもあります。もともとのコースをそのまま巡るのももちろん楽しいですし、自分たちで調べた観光地をプラスしてもらうのも良いでしょう。契約した時間内に移動できる距離であれば、事前に相談してある程度のコースを決めておくと、当日スムーズに移動できます。また、運転は土地勘のあるドライバーがしてくれます。もしも道路工事や事故などで渋滞にはまってしまったとしても、道路事情に精通していますので抜け道を通って渋滞を避けてくれます。渋滞にはまることなく目的地に到着できるのもハイヤーを使うメリットのひとつです。